タロット占い[今日の一枚]2018.7.6

5 OF WANDS reverse

☆[今日の一枚]は、1枚引きしたカードからのメッセージを、広い意味で解釈したものです。同じカードでも、その時々のインスピレーションで、多少違う解釈・表現をすることがあります。メッセージが少しでも心にひっかかったら、ぜひ、行動の指針に生かして下さいね!


ワンド(杖)の5(逆位置) … ワンドの5は[葛藤、不和]を表すカード。自分の中で、あるいは他者との間で複数の考えが対立して、収拾がつかない状態を示して現れます。逆位置は、感情的にこじれて、建設的な議論ができなくなっている状態を表します。

ワンド(杖)の5(逆位置)
ワンド(杖)の5(逆位置)

[message]
集団の中でそれぞれが、自分の意見を通そうとして争いが起きています。手にした杖は意見の象徴で、杖の先が芽吹いているのは情熱の象徴。激しく揉めるかもしれないけれど、本音を出し合うことは、建設的な議論のために有効です。

[message from Romi]
(何かに悩んでいる方へ)その問題について、いくつもの方法が考えられるうえ、感情的な拘りも加わって、なかなか一つにまとまらないようです。こうなったら、どこかで妥協して考えをまとめることが必要かも。特に他者と直接やりあうような問題では、相手を負かすことだけ考えるのでなく、互いにとって(今このとき)最善の結果になるよう、状況を俯瞰して調整するようにしましょう。何かの解決のためには、本音を偽らず、さらけ出すことが必要です。遠慮がちな性格の方は特に、自分に、本音を言うことを許しましょう。ただし、本音を言うことと、感情的に拘ることは違うのでご注意を。
(特に悩みごとのない方へ)周囲の人たちとの間に、ちょっとしたことで意見の衝突があるかも。相手をやりこめるのでなく、歩み寄る姿勢で接して吉。問題を収拾させるために、皆がそれぞれ少しずつ妥協するという方法を取るのが賢明かも。皆が腹を割って本音を出し合えば、衝突後はサッパリします。意見の本質でなく、「あの人はキライだから」というような、感情的に拘った判断をするとドツボにはまるので、ご注意を。

 

 


それでは、今日もよい1日を。ご来訪ありがとうございました!

☆個別のご相談承ります。詳細はこちらからどうぞ!