タロット占い[今日の一枚]2018.9.30

THE DEVIL reverse

☆[今日の一枚]は、1枚引きしたカードからのメッセージを、広い意味で解釈したものです。同じカードでも、その時々のインスピレーションで、多少違う解釈・表現をすることがあります。メッセージが少しでも心にひっかかったら、ぜひ、行動の指針に生かして下さいね!


悪魔(逆位置)… 悪魔は[妄想、執着]。誘惑、堕落した心や、欲望、執着を表すカードです。恋愛では束縛・不健全な関係や腐れ縁などを表し、仕事では(会社などに)隷属している状態を表すほか、何かに執着したり、こだわっていることを示して現れます。逆位置では、それらのこと(呪縛)からの解放を意味します。

悪魔(逆位置)
悪魔(逆位置)

[message]
悪魔に捕まっている男女の絵柄ですが、よく見ると、その鎖はゆるく繋がれています。逃げようと思えば逃げられそうなのに、彼らはなぜ逃げないのでしょう? 悪魔の甘い誘惑に負けているか、自分たちはもう逃げられないという妄想に囚われているか…。あるいは堕落して、ここから出ることが面倒になっているのかもしれません。

[message from Romi]
【何かに悩んでいる方へ】その問題について、こだわっていた何か、呪縛のようになっていたものから解放される暗示です。なぜ、そんなに執着していたのか、抜け出してしまえば不思議なくらい。自分以外の人や物事を変えようと頑張るより、自分が変わる方が、問題解決への早道であることに気づいて。
【特に悩みごとのない方へ】もし、一緒にいて楽しめない相手や、興味のわかない勉強や習い事などがあるなら、それらから少し離れてみてもよいのかも。自分の気持ちがそこにないことに気づいたときが、抜けどきです。


それでは、今日もよい1日を。ご来訪ありがとうございました!

☆個別のご相談承ります。詳細はこちらからどうぞ!

タロット占い[今日の一枚]2018.9.29

5 of Cups

☆[今日の一枚]は、1枚引きしたカードからのメッセージを、広い意味で解釈したものです。同じカードでも、その時々のインスピレーションで、多少違う解釈・表現をすることがあります。メッセージが少しでも心にひっかかったら、ぜひ、行動の指針に生かして下さいね!


カップ(聖杯)の5… カップの5は[喪失、失望]。寄せていた愛情や友情、信頼など、何かが失われること・失われた状態を表します。絵をよく見ると、失ったカップは3つで、背後にまだ2つ残っていることから、すべてを失ったわけではなく、まだ残されたもの(希望/可能性)があることを示唆して現れるカードです。

カップの5
カップ(聖杯)の5

[message]
喪服のような真っ黒なマントを身につけた人物。倒れたカップを前に、ひどく嘆き悲しんでいます。あのときああすれば…という後悔や、美しかった思い出が溢れ出しているのでしょうか。今この人物には、倒れたカップしか目に入っていない様子ですが、背後に、無傷で立っている2つのカップが存在しています。

[message from Romi]
【何かに悩んでいる方へ】その問題について今、喪失感に襲われているのでしょうか。失ったものに思いを寄せ、悲しい気持ち、絶望した気持ちを抱えて辛いときですが、そのことだけに囚われてしまうと、現実を見失ってしまいそう。ひとしきり泣いて感情を解き放った後は、冷静になってあたりを見回してみることをおすすめします。あなたは本当にすべてを失ったのでしょうか?… きっと、気づくことがあるはずです。
【特に悩みごとのない方へ】何かやらかして失敗し、自己嫌悪するようなことがあるかも。もしそうなっても、冷静になってあたりを見回せば、まだ次がありそうな、可能性が残っていることに気づけるはず。気を取り直して頑張りましょう。


それでは、今日もよい1日を。ご来訪ありがとうございました!

☆個別のご相談承ります。詳細はこちらからどうぞ!


タロット占い[今日の一枚]2018.9.28

5 OF PENTACLES REVERSE

☆[今日の一枚]は、1枚引きしたカードからのメッセージを、広い意味で解釈したものです。同じカードでも、その時々のインスピレーションで、多少違う解釈・表現をすることがあります。メッセージが少しでも心にひっかかったら、ぜひ、行動の指針に生かして下さいね!


ペンタクル(硬貨)の5(逆位置)…[苦難、困難、窮乏、損失]を表すペンタクルの5。金銭面での不足だけでなく、精神的に貧しくなっている状態や、その状態にある人を指して現れます。逆位置は[好転の兆し]。救いの手に焦点があたり、困難な状況に光明がさすことを意味します。

ペンタクルの5(逆位置)
ペンタクルの5(逆位置)

[message]
ボロボロな服を着て裸足で雪の中を歩く2人は、物質的にも精神的にも非常に過酷で、困難な状況にあるようです。下を向いて先を歩く人物は「どうせ自分らには誰も興味を持たず、助けてもくれない」と思い込んでいるように見えます。似たような境遇の相手とは絆が深まるかもしれませんが、発想が貧しいので、すぐそばに教会の明るい窓があることに気づいていません。救いの手を拒絶しているのは自分です。

[message from Romi]
【何かに悩んでいる方へ】その問題について、辛い状況が続いてきましたが、少しずつ、状況は好ましい方向へと移ってきています。素直に周囲に助けを求めて、立ち直る/立て直すきっかけを掴みましょう。
【特に悩みごとのない方へ】「助けて!」と言えば、助けてくれる人がいそう。一人で無理して頑張らず、自分から進んで周囲とのコミュニケーションをとり、素直に助けてもらいましょう。


それでは、今日もよい1日を。ご来訪ありがとうございました!

☆個別のご相談承ります。詳細はこちらからどうぞ!