妹と私[カップの6]

それは、妹の8歳か9歳の誕生日でした。

私は、ファンシーショップに並ぶ数々の商品の中から(自分のお小遣いに見合った)ビニール製のBOX型の小物入れを選び、妹にプレゼントしました。
当時、シール集めやビーズ細工などが流行っており、それらを入れておくのにちょうどよいと考えたからです。

▼カップの6。
主に思い出や郷愁を意味するカードです

ところが、プレゼントの包みを開いた妹が、何と言ったかというと…

“妹と私[カップの6]” の続きを読む

辛い決断[ソード(剣)のエース]

私は現在、猫6匹と暮らしています。
どこかから流れてきた、飢えた野良猫の親子を保護し、避妊・去勢手術を施して里親を募りましたが、希望者はおらず。
やむなく保護猫を飼い猫として、一緒に暮らしている次第です。
何匹か死んで「減ったな…」としんみり思っていると、いつの間にかまた新しい野良猫が親子でやって来て増え、また死んで…を繰り返し、今現在、合計6匹になっています。

さて、そのうちの最年長、最初に保護した野良猫ファミリーの最後の生き残り、19歳のオス猫が、ここに来てさすがに体調を崩してきました。

“辛い決断[ソード(剣)のエース]” の続きを読む