赤くないリンゴ

昔むかし、八百屋さんに並ぶリンゴは赤いものでした。
スーパーができるようになった頃から、黄緑色の皮のリンゴを日常的に目にするようになりました。その中の代表格は「王林」だったと思いますが、親が買って来なかったので、頂き物でしか食べる機会がなかったのと、たまたまその時食べた王林が酸っぱく、私の好みではなかったため、『黄緑のリンゴはダメだ』『やっぱりリンゴは赤くなくちゃおいしくない』という印象が強く残りました。
そしてその認識のまま大人になり、長い長い年月が流れました。

そんな私ですが、最近のお気に入りは「トキ」です!

“赤くないリンゴ” の続きを読む